整理整頓は仕事の効率をアップさせる鍵

整理整頓が仕事に必要な理由

「散らかっていたのでミスしました」なんて言えない!

「整理整頓」という言葉は、私たちが子供のころから耳にしているものです。
学校でも整理整頓するよう教育され、家でも整理整頓するよう言われ、社会人になっても整理整頓や「4S」という標語が会社の壁に貼られている…なぜ私たちはこれほどまでに、耳にタコができるほど整理整頓と言われるのでしょうか。

整理整頓が良いことなのは誰しも分かるはずです。
ですが、ここまで繰り返し言われるのには理由があるのです。

仕事で成果を上げるには、かなりの努力が必要です。
作業を繰り返し行なって速度を上げたり、他の人が思いつかない仕組みを考えて効率化したり、自分の仕事を分析して改善したり…基本的に、頭で分かっていても一筋縄ではいきません。
しかし、整理整頓は違います。
他の工夫より少ない努力で、ミスを減らし、集中力を上げ、業務を効率化できるのです。

中には「ちょっと散らかっている方が落ち着く」という方もいらっしゃいますが、彼らの実際の生活や作業効率を見てみると、一般的な業務においては散らかっているから仕事が早くなるということはないようです。
「物がごちゃごちゃしている方がアイディアが出やすくなる」という研究を引き合いに出される方もいらっしゃるのですが、効率や正確性が求められる事務机や作業台が散らかっているのは話が違います。
整理整頓ができるに越したことはありません。

このサイトでは、整理整頓が仕事の効率化に影響する仕組みとその方法についてご説明します。

整理整頓ができないとどうなるのか

整理整頓がされていないと、ミスをする原因になってしまいます。 デスクや作業台が散らかっているばっかりに、しなくてよかったミスをしてしまったら悔しいですよね。 ここでは、整理整頓をおろそかにして起きてしまったミスの具体例と、対処法についてご紹介します。

あれがない!と無駄な作業をしないために

整理整頓ができていないと、必然的に探し物が増えます。 「あれがない、これがない」と事務用品や書類、部品を探しているうちに30分…その30分には生産性がありません。 起こりがちなケースと、業務に関係のない無駄な作業をしないためにできることをまとめました。

散らかっているとやる気と集中力がそがれる

ただでさえ面倒な仕事をするときに、作業をするデスクが散らかっていたらもっとげんなりしますよね。 また、目に入る物は刺激となって集中力を削ぎ、探し物や、物のなだれでも作業の手が止まってしまいます。 このようなことを防ぐためにも、整理整頓は大切なのです。